モモの日々の出来事や気になる情報チラ裏調査お届けサイトo(・ω・。)

訪問いただきありがとうございます。

 

 

今回は名古屋ウィメンズマラソン2018について。

 

 

名古屋ウィメンズマラソン2018。

あの東京五輪代表選考レース

「グランドチャンピオンシップ(GC)」出場権もかかった試合です。

 

 

そこでこの記事では名古屋ウィメンズマラソン2018の

以下を調べていきたいと思います(・ω・。)

 


  • 名古屋ウィメンズマラソン2018の結果や記録(順位)などは?
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018とは?
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018の放送日とテレビ放送時間はいつ?
  • 名古屋ウィメンズマラソン2018の招待選手や概要・便利アプリ等について

 

最後までお付き合いいただけると幸いです。


スポンサーリンク

名古屋ウィメンズマラソン2018の結果や記録(順位)などは?

 

名古屋ウィメンズマラソン2018の結果や記録(順位)などは?感想2

 

名古屋ウィメンズマラソン2018の結果や記録(順位)など。

10位までの結果と記録は以下となったようです。

 

 

1:メスケレム・アセファ エチオピア 2:21:45
2:バラリー・ジェメリ ケニア 2:22:48
3:関根花観 東京/JP日本郵政グループ 2:23:07 MGC出場権獲得
4:岩出玲亜 東京/ドーム 2:26:28 MGC出場権獲得
5:野上恵子 長崎/十八銀行 2:26:33 MGC出場権獲得
6:田中華絵 資生堂 2:27:40
7:メリマ・モハメド バーレーン 2:27:41
8:小原玲 岡山/天満屋 2:27:44
9:清田真央 静岡/スズキ浜松AC 2:28:58
10:加藤岬 福岡/九電工 2:29:22

 

 

皆さんの予想はどうでしたでしょうか。

白熱した試合が観られてとても楽しめました。

GC大会も注目ですね。

 

名古屋ウィメンズマラソンのエリートの部など

詳細リザルト(結果)は以下のサイトに掲載されているみたいですね。
 
名古屋ウィメンズマラソン2018公式サイト
http://womens-marathon.nagoya/

 

 

選手の皆さんはおつかれさまです。

結果については、当日視聴して速報としてアップしたいと思います。

 

 

以上、名古屋ウィメンズマラソン2018の結果や記録(順位)などでした。


名古屋ウィメンズマラソン2018とは?

 

今年で39回目となる名古屋ウィメンズマラソンですが、

一体どんな歴史を刻んできたのかを振り返ってみましょう。

 

 

1980年3月9日に第一回大会が行われました。

 

当初は女子マラソン初の公認20㎞ロードレースとして開催されました。

 

初代女王は佐々木七恵さん。序盤から独走態勢だったようです。

 

1位  佐々木七恵さん
2位  佐野貴子さん
3位  鈴村和代さん

 

 

そして1982年3月7日に開催された大会では、

あのオリジナルで深い解説でおなじみの増田明美さんが2位となってます。

 

しかも1位のC.トミーさんとはわずか3秒差。

両選手の記録は当時世界最高でした。

 

 

第五回となる1984年3月4日開催の大会からフルマラソンとなりました。

日本勢では浅井えり子さんが4位となっています。

 

 

そして2018年3月11日開催の名古屋ウィメンズマラソン。

 

一体、勝利の女神は誰に微笑むのでしょうか?

 


名古屋ウィメンズマラソン2018の放送日と放送時間はいつ?

 

テレビ放送日や放送時間について。

 

【放送局】フジテレビ系全国ネット

【放送日・時間】2018年3月11日(日) 9:00~11:50

【解説】有森裕子・高橋尚子・野口みずき・金哲彦

 

倉木麻衣さんが名古屋ウィメンズマラソンの公式応援ソングを担当!

スタートセレモニーで国家独唱!

 

こちらも見逃せませんね。

 

以上がテレビ放送日や放送時間についてでした。

 


スポンサーリンク

 

名古屋ウィメンズマラソン2018の招待選手や概要について

 

■概要

 

主催:日本陸上競技連盟、中日新聞社

エントリー期間:2017年9月1日(金)~2017年10月1日(日)

 

開催場所:愛知県名古屋市

開催エリア:ナゴヤドーム発着

種目:女子マラソン

 

 

■招待選手について

 

2018名古屋ウィメンズマラソンの

17人の招待選手について少し調べてみました。

 

・バラリー・ジェメリ

自己最高記録 2時間20分53秒(2017ベルリン3位)

 

・チェイエチ・ダニエル

自己最高記録 2時間21分22秒(2017パリ3位)

 

・メリマ・モハメド

自己最高記録 2時間23分06秒(2010トロント3位)

 

・メスケレム・アセファ

自己最高記録 2時間24分18秒(2017ロッテルダム1位)

 

・カロリナ・ナドルスカ

自己最高記録 2時間26分31秒(2014大阪2位)

 

・サラ・ドッセーナ

自己最高記録 2時間29分39秒(2017ニュ-ヨーク6位)

 

 

・前田彩里(まえださいり)

自己最高記録 2時間22分48秒(2015名古屋2位)

 

・小原怜(おはられい)

自己最高記録 2時間23分20秒(2016名古屋3位)

 

・清田真央(きよたまお)

自己最高記録 2時間23分47秒(2017名古屋3位)

 

・岩出玲亜(いわでれいあ)

自己最高記録 2時間24分38秒(2016名古屋5位)

 

・竹地志帆(たけちしほ)

自己最高記録 2時間25分29秒(2016名古屋7位)

 

・田中華絵(たなかはなえ)

自己最高記録 2時間26分19秒(2017大阪3位)

 

・沼田未知(ぬまたみち)

自己最高記録 2時間27分27秒(2016名古屋9位)

 

・下門美春(しもかどみはる)

自己最高記録 2時間27分54秒(2017名古屋6位)

 

・加藤岬(かとうみさき)

自己最高記録 2時間28分12秒(2017防府1位)

 

・野上恵子(のがみけいこ)

自己最高記録 2時間28分19秒(15名古屋5位)

 

・関根花観(せきねかなみ)

自己最高記録 31分22秒92(2016日本選手権1万m2位)

 

 

 

豪華な顔ぶれですね。

 

自己最高記録だけを見るとケニアのバラリー・ジェメリが優位ですね。

そこに日本勢がどう切り込んでいくのか?

 

マラソンこそメンタルのスポーツだと思います。

記録に沿って順位が決まるわけでもなく、

と言っても予想通りの展開の場合もあります。

 

今年の名古屋ウィメンズマラソンは、

2020年の東京オリンピックの選手が決まる大会でもあります。

 

観る側としても、緊張感で精神が持たないレースとなりそうです。

2018名古屋ウィメンズマラソン女王は誰の手に渡るのでしょうか!?

 

 

便利なサイトがありました。

 

応援したい人、応援している人の位置情報や記録がわかります。

 

応援navi(PC・スマートフォンサイト)※アプリのインストールが必要です。

■http://p.marathon-festival.com/ouennavi/

 

 

こちらはナンバー番号や氏名で検索することで

5㎞毎の通過タイムを調べることができます。

 

 

PC・スマートフォンサイト

■http://p.marathon-festival.com/

携帯サイト

■http://r.marathon-festival.com/

 


名古屋ウィメンズマラソン2018の結果や記録(順位)などは?調査まとめ

 

今回は名古屋ウィメンズマラソン2018について。

結果や記録(順位)、選手や内容などを調査してきました。

 

 

今回の国外からの招待選手を見て思ったのですが、30代の選手が多いですね。

 

以前から思っていたのですが、

国外の選手って選手として下り坂であろうと思われる年齢であっても、

関係ないという意識のような気がします。

 

 

例えば結婚しても出産しても選手として活躍していますよね。

もちろん周囲のバックアップがあってのことだとは思います。

 

きっと、楽しんで走っているのではないのかといつも感心しています。

自分を制限していないという精神は、いろいろな場面でも見習いたいものです。

 

 

また今回の名古屋ウィメンズマラソンは、

2020年東京オリンピックの切符(MGC)が掛かっています。

 

 

日本人選手としては今までの集大成となる大会です。

私たちは応援する側ですが、手に汗握るテレビ観戦となりそうです。

 

ではまた。

 

 

記事は執筆時点の情報でして、最新とは異なる場合ございます。

予めご了承ください。

 


ナビペンギンナビペンギン

最後までご覧いただきありがとうございました♪


スポンサーリンク