アユの日々の出来事や気になる情報チラ裏調査お届けサイト。

訪問いただきありがとうございます!

 

今回は女優の鈴木砂羽さんが主演を務める舞台「結婚の条件」での降板騒動について。

女優の鈴木砂羽さんが初演出で主演の舞台。

 

この舞台は9月13日からの公演予定でしたが、直前に出演女優お2人が降板という事態に。

そのお二人とは、「鳳恵弥(おおとり えみ)」さんと、「牧野美千子(まきの みちこ)」さん。

 

何か体調でも悪いから降板したのかな?

そんな単純な降板理由ではなく、実は深い裏がありそうな今回の降板騒動。

 

そこでこの記事では牧野美千子さんと鳳恵弥さんの降板について。

これまでの経緯含め、気になる以下を調べてまとめてみました。


  • 牧野美千子さんと鳳恵弥さんのプロフィール
  • 牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板とは?
  • 鈴木砂羽さんの土下座強要や罵倒(パワハラ)などはあったのか?経緯も
  • 牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板理由(原因)は?なぜ?

最後までお付き合いいただけると幸いです。


スポンサーリンク

牧野美千子さんと鳳恵弥さんのプロフィール

 

まず、牧野美千子さんと鳳恵弥さんのプロフィールをご紹介。

所属事務所はお二人とも同じです。


牧野美千子さんのプロフィール

 


名前:牧野美千子(まきのみちこ)

本名:諏訪美千子(すわみちこ)

生年月日:1964年10月3日

年齢:52歳(2017年9月時点)

出身地:埼玉県

大学:実践女子大学

所属事務所:株式会社しぃぼるとぷろだくしょん


牧野美千子さんの主な出演情報

 


【テレビドラマ】

超電子バイオマン
スケバン刑事
木曜ドラマストリート /「春一番が吹くまで」
それいけ!電エース
妖ばなし

【テレビバラエティ・情報番組】

江森陽弘モーニングショー「途中下車の旅」コーナー
魔女たちの22時
有田とマツコと男と女 有田とマツコとvs元芸能人50人
爆報! THE フライデー
中居正広のキンスマスペシャル
あさイチ
ショップチャンネル

【映画】

劇場版 超電子バイオマン
アウターマン
こと~築地寿司物語~

出典:wikipedia

 


鳳恵弥さんのプロフィール

 


名前:鳳恵弥(おおとりえみ)

生年月日:1981年1月4日

年齢:36歳(2017年9月時点)

出身地:東京都

血液型:A型

所属事務所:株式会社しぃぼるとぷろだくしょん


鳳恵弥さんの主な出演情報

 


【CM】

明治生命
ファイテン
ライオン「BAN」
エイデン
ケンタッキーフライドチキン
三菱自動車
ヤンマー
第一三共
宝酒造「松竹梅」
ポーラ化粧品
JOMO「サンフラワーズ編」
SOYJOY「勝手に会議中編」
アリナミン
QVC「ナノ美容機」「ダイエットサポートウェア」
西友「KY・火ぃつくやろか~篇」

【テレビドラマ】

緊急救命病院
女かけこみ寺 刑事・大石水穂1
二千人の孤児の母 澤田美喜物語
女帝 SUPER QUEEN
遺品の声を聴く男2
毒 ポイズン
ラストシンデレラ
ダンナ様はFBI
まっしろ
嫌な女
IQ246 華麗なる事件簿

【舞台】

クロックガールズ『コメディカルナイト』
劇団唐ゼミ☆『腰巻お仙~振袖火事の巻~』
『こと~築地寿司物語~』
『サイレントメビウス』

出典:wikipedia


以上、牧野美千子さんと鳳恵弥さんのプロフィールでした。


牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板とは?

 


牧野美千子さんと鳳恵弥さんの降板舞台について簡単に。


舞台:「結婚の条件」第15回本公演

脚本:江頭美智留さん(劇団ク口ックガールズ主宰)

(ごくせん、ナースのお仕事、現在はNHKブランケット・キャッツなど)

主演、演出:鈴木砂羽さん

演出助手:松倉良子さん

舞台監督:砂山イサヲさん

照明:池田圭子さん

音響:河合宣彦さん

美術:石倉研史郎v

振付:川副はるかさん

当日制作:木川美由紀さん

劇団制作:園部巴子さん

公演期間:2017年9月13日~18日

場所:新宿シアターモリエール

出演:

牧野美千子さん・鳳恵弥さん(お2人は降板)

阿部みさとさん・坂本七秋さん・葛西祥太さん・高橋乱さん・岡本ぽあさん・笠松七海さん・裕太さん

岡本一馬さん・渡辺健太さん・鶴田奈々さん・伊藤風喜さん

出典:wikipedia


脚本はごくせん、ナースのお仕事などの江頭美智留さん。

普通にとても面白そうな舞台そうですね♪

以上、牧野美千子さんと鳳恵弥さんの降板舞台について簡単にでした。


スポンサーリンク

 

鈴木砂羽さんの土下座強要や罵倒(パワハラ)などはあったのか?

 

次に、鈴木砂羽さんの土下座強要や罵倒(パワハラ)などはあったのかについて。

結論は「土下座強要や罵倒(パワハラ)」などの事実はなかったとのこと。

(※追記)鈴木砂羽さん、脚本家の江頭美智留さんは土下座・罵倒などの事実はないと否定されていました。しかし、その後、9月14日のフジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に生出演した降板したお2人の事務所の社長によると土下座は「あった」と改めて主張。これで益々わけわからない事になりました><とりあえずこれ以降は、「土下座や罵声の事実がない」と鈴木砂羽さん、江頭さんの否定報道があった時点までの記事になっております。

少し詳しくみていきます。

まずは今回の件の流れはどうなっているのか。


これまでの流れ

 

私は知らなかったので、いったいこれまで何があったか簡単にですが調べてみました。

9月11日にお2人が舞台降板を発表。

2人の所属事務所は舞台降板理由について、演出の鈴木砂羽さんから「人道にもとる数々の行為」があったためと説明。

話しによると、9月9日の午後に舞台稽古が行われていた。

この日、牧野美千子さんと鳳恵弥さんは別仕事で舞台稽古を途中で抜けることが決まっていて、事前(8月時点)に伝えてもいたそうです。

1回目の通し稽古の後に、事前に通知していた通りお2人が稽古から抜けることに。

しかし、それが気にくわなかったのか鈴木砂羽さんは不機嫌に。

原因は鈴木砂羽さんは2回目の通し稽古がしたかった。しかし、事前に伝えていたとはいえ2回目の通し稽古ができなかった事が不満だったよう。

とにかく不機嫌に。

その不機嫌な鈴木砂羽さんに鳳恵弥さん等のブログ等によると脚本家の江頭美智留さんが謝罪。

それに引き続いて、牧野美千子さんも頭を下げて、鳳恵弥さんも床に頭をつけて土下座、謝罪させられた。

罵声などもあびせられたといったような感じだったようです。

この件をきっかけにお2人が舞台を降板。

その後、上記のような降板理由をお2人のブログや事務所が発表し、今話題になっているわけですね。

ここで1つ気になるのが、実際土下座強要や罵声などのパワハラはあったのかどうかという所。

まず、お2人のブログからみてみたいと思います。


お二人のブログ内容

 

牧野美千子さんのブログ。


牧野美千子さんのブログ

 


舞台降板

2017-09-12 00:15:33

『たら』『れば』を言ったら
キリが無いけど。。

一生懸命挑んでいた舞台を
本番2日前に降板することに
なりました。
同じ事務所の鳳恵弥さんと共に。

事務所に所属した以上
その指示に従うのは当然ですが、

もし、自分がフリーだったら、、
同じ結論を出さなかったかも。とも。
色んなことを飲み込んで
続行していたと思います。

結果的に
事務所は私たちの立場を守ってくれました。

どちらが正解かはわかりません。

稽古当初から
何ともいえない雰囲気のあった
座組ではありました。

そのなかで作品と向き合い
役柄と向き合い、、
自分のなかで育ててきました。

台本をいただいたあの日から
ずっと役と向き合い
役と話し合って
後は本番で産み出すだけ、、の時点。

産めなくなってしまったことへの
悲しみ、悔しさは
計り知れません。

私の名前でチケットを購入してくださった
みなさまにはお詫びしか無く。
払い戻しの手続き等のお手数を
おかけしなければならないこと
心苦しく思ってます。

今回、色んなことを学ばさせて
いただきました。
自分の至らなさや未熟さも痛感。

形としては降板となりましたが

あの脚本の中の私の役は
私だけです。
役には魂が籠りますから。

出典:https://ameblo.jp/makino-michiko/


つづいては鳳恵弥さんのブログ。


鳳恵弥さんのブログ

 


お詫びとご報告

2017-09-12 00:31:44

テーマ:舞台

尊敬する江頭美智留先生の本、記念すべきクロックガールズさんの第15回目の舞台

全うさせて頂きたかったのは事実です。

しかし、事務所は私と牧野さんを身体を張って守って下さいました。お約束をしていた時間に稽古場を出る日、まさかの事態、演出家と演出助手が揃ってふんぞり返り劇団の代表者であり、脚本家であり、プロデューサーの江頭美智留先生に頭を下げさせている姿、余りにも常軌を逸していて、言葉がありませんでした。

1回目の通し稽古が終わり、私たちは床に座ってダメ出しを受ける中、準備していたかのようにまた始まる罵倒、『2回通し稽古をしたかったのに誰かのせいで出来ない!』尻馬に乗るように演出助手の方が『みんなも2回やりたかったよね?』、そして名指しにされる私たち、先生が後ろから駆け付けてまた頭を下げる、美千子姉さんが『すいませんでした。』と謝る姿に納得せずに『ぬるいわね』と吐き捨て更に追い込もうという演出、作品の稽古とは全く関係ないところで起こる惨状に、私は床に額を擦り付けて謝ることになりました。

その姿に『私たちだけじゃなくてあちらにも』と他の共演者の方にも土下座をするように砂羽さんから促され、頭を下げました。

この状況に砂羽さんの事務所のマネージャーさんも含め、流石に不味いと水入りになりましたが後の祭り。

事務所に報告が入り、私たちは降板も視野にいれた話し合いになりました。

事務所は、『私たちは役者さん、タレントさんには敬意を持って接しています。物じゃない、一人の欠けがえのない人間なんです。』と普段からそうしてくれていることは知っていてもやはり涙が出ました。その上で、私たちはどうしたいか?をそれぞれからしっかり聞き取り、最終的には私たちは江頭先生が望む形に全てを呑み込んでしようと決めて砂羽さんに任せますと言われて来た江頭先生とお話をした矢先、江頭先生の電話に代役を頼まれたんだけど?という大友さんの連絡。

余りに酷い、と砂羽さんに抗議する江頭先生に向けられた砂羽さんの言葉は『代役でやるとかやらないとか、皆が揃わないと公演を中止にするとかしないとか、そんなのを決める権利はあんたにはない』とのこと・・・

もう、言葉を失いました。作品に対しての愛はこの人は全くないんだなと確信しました。

いや、自分がセリフが入らないのを脚本のせいにして何度も書き直させていた姿に

いや、稽古場で私はドラマの言うA面の江頭美智留を知っている、舞台というB面しか知らないあなたたちは、と言った

他にも舞台なんてこんな感じと、稽古場外で自分の味方のキャストを増やすことに終始して、幾度も飲みに誘っては気に入らないキャストや江頭先生の悪口を吹き込んでいる姿

いつでも、気付けたはずでした。自分が愛する舞台を、ここまで蔑み、悪戯に掻き回しておもちゃにする姿に、何故私は何も言えなかったのだろう。

それは、私だけではない。今、この時も舞台を愛し、芸能を愛している仲間たち全てへの許されざる冒涜であったにも関わらず、私はこの時、江頭先生に頭を下げさせてしまうまで何も出来なかった。

本当に自分が情けないです。応援をして下さる皆さまにも本当に申し訳ない。

今、事務所にきっかけを与えてもらい、美千子姉と一緒に1つの決断をさせて貰った訳ですが、この失敗は何よりの自身への戒めとしてまた一歩ずつ歩んで参る所存です。

この度の舞台を楽しみにして下さった皆さまには、本当に申し訳なく。心からお詫びを申し上げます。



では、土下座強要・罵声などパワハラはあったのか?

 

ともに9月12日0時頃のブログ。

では、土下座強要、罵声などパワハラはあったのかみていきましょう。

この全文が真実であるなら、鈴木砂羽さんが脚本家の江頭さん、お2人を土下座させてしまっている事になります。

ですので結論はブログ文章が真実ならば土下座強要や罵声があった事になるでしょう。

ただし、後にこの鳳恵弥さんのブログの内容は否定されています。


鈴木砂羽さん等がブログ内容を否定

 

9月14日の日刊スポーツの記事によると、鈴木砂羽さんはこの「土下座などパワハラの事実はない」と否定されています。


「土下座をさせたことはまったくございません。心情的なことや人格を否定するようなこと、罵声を浴びせた事実はありません」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/


そして舞台は長い道のりであり、いい経験になった演出家として勉強になったというような発言をされています。

鈴木砂羽さんの所属事務所も発言を否定。


江頭美智留さんもブログ内容を否定

 

さらに驚くべきは、脚本家の江頭美智留さんが「私は頭を下げさせられていたわけではない」などと、鳳恵弥さんらの主張を否定。

2人が土下座したことや罵声の事実もないとのこと。

 

2人や所属事務所の内容を鈴木砂羽さん側だけならまだしも、脚本家の江頭美智留さんが否定している事に驚きましたね><

江頭美智留さんが実際土下座させられていたなら否定しないようにも思えますが。

となると結局、土下座強要・罵声などパワハラはあったのか?

ブログの内容はなんだったのか?


結局土下座強要・罵声などパワハラはあったの?2人ブログの内容はなんだったの?

 

結局は土下座強要・罵声などパワハラはあったのか?

結論は、最初に述べた通り土下座強要、罵声などの事実はないという事です。

今回の件の詳細について。


江頭美智留さんが今回の件の詳細を説明

 

鈴木砂羽さんに謝罪していたことは事実、しかし鈴木砂羽さんから土下座強要、罵声などの事実は全くなかったようです。

江頭美智留さんによると「自分の責任で頭を下げていた」そう。

鈴木砂羽さんに頭を下げて謝罪してた理由について、

「スケジュール確認ミスで2回目の通し稽古ができなくなってしまったため。」

と語っておられます。

(しかし前述の通り事前に伝えてはいたとのこと)

また、自ら、キャスト、ス夕ッフに謝罪したとも。

鈴木砂羽さんから土下座を強要されるような事もなかった。

2人が土下座した事実もない。

罵声を浴びせた事実も全くなかった。

つまり、情報によると結果的にはさせられていたのではなく、自らしていた、強要ではなかった。

ということになります。

お2人は鈴木砂羽さんの強要などではなく、謝罪する江頭さんに気を遣って一緒に謝罪されていたとのこと。

なので、土下座強要はなかったようですね。

また、罵声についても江頭美智留さんの発言からなかったという事になります。


2人のブログの内容はなんだったの?

 

結局2人ブログの内容はなんだったの?

真実はわかりませんが個人的に、2人のブログの内容は本当の部分もあり、誤っている部分もあったということではないでしょうか。

土下座強要、罵声などのパワハラ的なことは事実ではなかったということでしょう。

何のために書いたのかは今のところ不明。

事実を書いただけの可能性もありますし、そのあたりは今後判明していくのではないでしょうか。


じゃあこの件は一体なんだったの?

 

ネットなどの記事の情報が真実ならば今回の件。

結論からいうと鈴木砂羽さんが不機嫌になったことが全てのはじまり?><

 

江頭美智留さんは事前にスケジュールを伝え、9月9日の2回目の通し稽古はできない事は8月にはわかっていましたよね。

にも関わらず、江頭さんは稽古場の雰囲気を収めようと鈴木砂羽さんに謝罪された。

鈴木砂羽さんにとっては初演出舞台という事で作品に強い思い入れや気持ちが入っていた部分もあるかもしれません。

なのでスケジュールの都合とわかっていても、やはり人間。 舞台直前の通し稽古は重要な面もあったことでしょう。

確かに本番前の失敗の不安などは誰しもあるもの。 初演出舞台に対する責任感のあらわれでもあったのかもしれません。

しかし、その舞台にかける強い想いがマイナス方向に溢れでてしまっただけなのかもしれませんね。

土下座などの真意はわかりませんが、それがきっかけとなりお2人の女優さんは降板することに。

考えてると眠くなってきました><..zzZ

 

ブログの内容にあるような舞台を冒涜や影口のあたりはどうなのかもよくわかりませんが、事実ではないと否定されているということですよね。

真実を知ることは難しいところです><

以上、鈴木砂羽さんの土下座強要や罵倒(パワハラ)などはあったのかについてでした。


牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板理由(原因)は?なぜ?

 

牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板理由(原因)は?なぜなのかについて。

結局、牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板理由、なぜ降板したのか。

土下座強要などパワハラ的なことはなかったので「人道にもとる数々の行為」が降板理由ではなかったってこと?

その辺の詳細などは今後明らかになってくるのではないでしょうか。

(※追記)前述の通りお2人の社長によると土下座は「あった」とのこと。それが事実とすれば、降板理由はブログや事務所発表の内容の通りとなりますね><

 

ただこれまでの情報から、どう考えても単純に、大きくは「お互い気持ち良くお仕事はできなくなってしまった」というのが降板理由でしょうね。

まあ舞台降板までの経緯からだいたいわかる方も多いでしょう^^

スケジュールの都合により鈴木砂羽さんが2回目の稽古をできず不機嫌に。

不機嫌の原因としては結果的には牧野美千子さんと鳳恵弥さんのお二人のスケジュールの都合。

事前通知してるがお2人、江頭美智留さんがその場で頭を下げ謝罪することに。

しかし事前に伝えていたということでお2人側、事務所側にも言い分が。

そのあたりで揉めてしまい、今後気持ち良くお仕事はできなくなってしまった。

やはりそれが舞台降板の大きな理由か?

 

一方で、

「稽古当初から何ともいえない雰囲気のあった座組ではありました」

という牧野美千子さんのブログの発言も何か気になるところではあります><

鳳恵弥さんのブログの文で気になる文面も。

スケジュールの件は氷山の一角で、それまでに積もりつもった何かがあり、今回の件でついに耐えられなくなり降板?

真相はさだかではありませんね。

以上、牧野美千子さんと鳳恵弥さんの舞台降板理由(原因)は?なぜなのかについてでした。


牧野美千子の降板理由は?土下座強要、鈴木砂羽舞台降板の原因等調査まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は牧野美千子の降板理由は?土下座強要、鈴木砂羽舞台降板の原因等なぜなのかを調べてきました。

鳳恵弥さんと、牧野美千子さんの舞台降板騒動。

牧野美千子さんのブログを読むと、鈴木砂羽さんを尊敬する女優さんの一人に。

しかし、今まで積み上げてきて最終的にはこのような形になってしまったこと。

舞台を楽しみにされていた方にも、そしてお2人含め舞台に関わる全ての方達も大変残念だったかもしれませんね。

そこまで深く真実を知りたいとは思いませんが、売名などというネットの噂も?

どうだったんでしょうかね。

それではまた。

新情報をご存知の方、また内容に誤りがございましたら情報提供・ご指摘等いただけると嬉しいです♪

※その他誤字脱字・内容の誤りに気付き次第追記・訂正予定です。


ナビペンギンナビペンギン

最後までご覧いただきありがとうございました♪


スポンサーリンク