アユの日々の出来事や気になる情報チラ裏調査お届けサイト^^♪

訪問いただきありがとうございます!

今回は栃木県にある宮内庁(くないちょう)の御料牧場(ごりょうぼくじょう)について。

 

ニュースで気になるワードが。

それが栃木県の宮内庁御料牧場。

場所(地図)はどこで、いったいどんなことしてるんだろう?(>_<)

そこでこの記事では宮内庁御料牧場の以下を調べていきたいと思います(^^)/


  • 栃木県の宮内庁御料牧場の場所(地図)は?
  • 宮内庁御料牧場とは何してるとこ?
  • マイコラスにメジャー復帰の噂があるの?ネットの声

最後までお付き合いいただけると幸いです。


スポンサーリンク

栃木県の宮内庁御料牧場の場所(地図)は?

 

栃木県の宮内庁御料牧場の場所(地図)について。


Google Map 栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢6020

 

場所(地図)は栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢(しおやぐん たかねざわまち かみたかねざわ)にあるという宮内庁御料牧場。

栃木県塩谷郡高根沢町には隈研吾(くま けんご)さんデザインの素敵な建物で、様々なイベントを楽しめる「ちょっ蔵広場」。

鬼怒川の魅力を楽しめる公園「鬼怒グリーンパーク宝積寺エリア」。

様々な場所があります。

「鬼怒グリーンパーク宝積寺」にはお子さんでも楽しめる水上アスレチックなどもあります(^^)/

うーん楽しそうだ♪


 

すぐにでも遊びたくなりますね♪

運動に最適な場所でもありそう^^

自然いっぱいの観光地沢山のとても魅力ある場所ですね(^^)/♪

また、「ちょっ蔵広場」では冬にはイルミネーションを楽しめる光のページェントや音楽を楽しめる音楽ホールなども。


 

素晴らしいですね~♪

癒しのひと時となりそうです(..)♪

以上、栃木県の宮内庁御料牧場の場所(地図)についてでした。


スポンサーリンク

 

宮内庁御料牧場とは何してるとこ?

 

宮内庁御料牧場について。


 


御料牧場(ごりょうぼくじょう)は、皇室で用いられる農産物を生産している日本の農場(牧場)である。宮内庁が管轄している。
明治時代初めの1875年(明治8年)9月、大久保利通によって現在の千葉県成田市に宮内庁下総御料牧場として開設されたのが始まりである。1969年(昭和44年)8月、新東京国際空港(現在の成田国際空港)建設計画に伴い、栃木県塩谷郡高根沢町に移転した(開設は同年8月19日。成田空港問題を参照。)。跡地の一部は三里塚記念公園となっている。

出典:wikipedia


御料牧場(ごりょうぼくじょう)は、皇室で用いられる農産物を生産している日本の農場。

ということのようですね。

皇室の台所といったところでしょうか。

皇室用の牛乳や肉、卵などや、牧草の栽培やハム、ソーセージなどの加工品も生産されているとのこと。

現在は申込みの受付をされていないみたいですが、一般公開の「御料牧場見学会」があったりもするようです。

応募者も多いみたいですね(><) 「御料牧場見学会」開催日時は2017年は10月に4回。 10月19日~20日の二日間にわけて開催されるようです。 抽選結果は2017年は230通応募して89通が当選。 うーん結構厳しい。 けれども是非とも御料牧場見学してみたいですね(^^)♪ 昨年2016年の見学会では約80人が参加。 厩舎や放牧地などを見学されていたようです(^^)/ ちょっ蔵広場や鬼怒グリーンパークなどと共に、観光してみたいですね♪ 以上、宮内庁御料牧場についてでした。 [br num="1"]

御料牧場(宮内庁)の場所(地図)は?何してる所?【栃木県】調査まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は栃木県の宮内庁御料牧場の場所(地図)や何してる所か等を調べてきました。

栃木県の宮内庁御料牧場、皇室で消費される食材を生産されている場所。

勉強になりました(>_<)♪

またそのまわりも素敵な観光地が沢山でしたね(^^)/

ではまた♪

内容に気になる点がございましたら指摘等いただけると嬉しいです♪


ナビペンギンナビペンギン

最後までご覧いただきありがとうございました♪


スポンサーリンク