モモの日々の出来事や気になる情報チラ裏調査お届けサイトo(・ω・。)♪

訪問いただきありがとうございます!

 

今回は本の買取について。

 

引っ越しや年末の大掃除、新たな本が欲しい、ちょっとしたお金が必要、そんなきっかけで自分の家にある本を売りたくなった場合、まずはどんなところに本を持って行けばよいのか、買取してくれるお店や方法を知る必要があります。

 

どうせ売るのであれば少しでも手間なく、高く買い取ってもらいたいもの。

 

ワクワク気分で査定してもらったら提示された金額があまりに低いとかなりショックを受けてしまいますよね。

 

本を少しでも手間なく高く売るには買取方法としてどのような方法があるのか、どの買取方法であれば高く買い取ってもらえる可能性が高いのかを知っておくことが大切です。

 

 

今回はそんな本の買取方法についてご紹介しましょう。

そこでこの記事では本の買取ついて以下を調べていきたいと思います(・ω・。)


  • 本を売るならどこがいい?方法は?
  • 本を売るならオススメの買取方法は?比較
  • 独自の本の買取口コミ・評判調査

最後までお付き合いいただけると幸いです。


スポンサーリンク

本を売るならどこがいい?主な買取の方法は?

 

本を売るならどこが良い買取方法を調べてみた記事画像 (1)

 

本を売る場合、主な方法として

・店舗持ち込み

・出張買取

・オンライン買取(宅配買取)

・ネットオークション

の4つの方法が挙げられます。

 

 

・店舗持ち込みはその名の通り、本を買い取ってくれるお店へ本を直接持って行き、査定してもらう方法です。

・出張買取は電話やネットなど買い取り業者連絡し、家まで来てもらって査定してもらう方法。

 

 

・オンライン買取(宅配買取)は本を送って査定してもらう方法。

・ネットオークションは自分で売りたい本をネットオークションで出品し、落札されたら自分で梱包し、落札者に発送する方法です。

 

 


本を売るならどこがいい?オススメの買取方法は?比較

 

本を売るならどこが良い買取方法を調べてみた記事画像 (2)

 

店舗持ち込み・出張買取・オンライン買取(宅配買取)・ネットオークションは
それぞれに良って、メリット・デメリットがあり、買取価格も一甲斐にこれが一番高く売れる!とはっきり断言はできません。

 

 

しかし、現在多くの方が利用し、人気となっているのが簡単で便利なオンライン買取(宅配買取)です。

 

 

オンライン買取の魅力は店舗に出向く必要がないこと。

特に普段忙しい方、売るお店が近くに無い方などに支持されています。

 

 

他人と顔を合わせる必要もなく取引が出来、時間に縛られることはありません。

ただし、段ボールに入れる手間や査定迄の時間などがかかります。

 

 

査定額も現在は店舗持ち込みや出張買取などよりも高く買い取ってくれる傾向となっています。

店舗持ち込みは目の前で直ぐ査定してくれ、査定額理由などを直接聞くことが出来ますが、平均的に買取価格は低めの場合が多いです。

 

出張買取は持ち運ぶことも無く、段ボールに詰め込むことも無く査定してもらえるため大変楽な方法ですが、行っている業者が少なく、知らない人を家に上げて査定しもらう必要があります。出張費などが入るため、買取価格は大きな金額は期待できません。

 

 

ネットオークションは自分で本を撮影し、説明を書き、出品する手間がありますが、想像よりも高い金額で落札される可能性があります。

 

場合によってはどの買取方法よりも高く売れる場合がありますが、手間と時間がかかります。


スポンサーリンク

 

独自の本の買取口コミ・評判調査

 

 


本を売るならどこが良い?買取方法・口コミを調べてみたまとめ

 

今回は本の買取について。処分に困る本を売りたいという人は多いですよね。本を売るならどこが良いのでしょうか。買取方法とどこで売るのか、また少し口コミや評判なども調べてみました。

 

 

古本を売るというのは思った以上に色々な方法があります。

 

時間のある方、無い方、自分の家の近くに本を売るお店がある方、無い方などその方の現在の状況や、都合によっても買取方法の決め方は変わりますし、本の価格は本の状態やその時の人気、お店の在庫状況、本のジャンルによっても変わってきます。

 

 

自分の一番やりやすい方法で、納得のいく買取方法で、今までお世話になった大切な本を買い取ってもらえるよう、安易に手放さず、良く検討してから売るようにしましょう。

 

 

ではまた♪

 

 

記事は執筆時点の情報でして、最新とは異なる場合ございます。

予めご了承ください。


ナビペンギンナビペンギン

最後までご覧いただきありがとうございました♪


スポンサーリンク