モモの日々の出来事や気になる情報チラ裏調査お届けサイトo(・ω・。)♪

訪問いただきありがとうございます。

 

今回は羽生結弦さんについて。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

もう何も言葉にならない嬉しさです!!><

さらに宇野ちゃんとワンツーって!!

本当におめでとうございます!!

右足首はまだ完治してなくて

痛み止めを飲まないと飛べない状態だったんですね。

そんな中でも頑張って出場していたんですね・・

こみあげてくるものがあります。

プーさんの話は面白くて癒されました笑

気持ちはもう今後の目標へ向かっているんですね!

まずはとにかく足首を大切にしてほしいところでもあります。

そして、宇野くんも田中くんも本当にお疲れ様でした!!

 


 

 

 

 

 

 

羽生結弦選手の現在の状況がとても気がかりです。

怪我の状態や具合などどうなっているのでしょうか?

 

 

無理はしてほしくはないですが、

やはりまたスケートしている姿が見たく

1日でもはやい復活を望んでいました。

 

 

そして、いよいよ平昌オリンピック。

 

 

ここまでの状況などや現在の状況、

怪我の状態や具合など

 

 

個人的に気になったので備忘録的にこの記事では

羽生結弦さんの以下を調べていきたいと思います(・ω・。)




  • 羽生結弦さんのこれまでの状況は?
  • 羽生結弦さんの現在の状況は?
  • 羽生結弦さんの怪我の状態(具合)は?



最後までお付き合いいただけると幸いです。


スポンサーリンク

羽生結弦さんのこれまでの状況は?

 

羽生結弦の現在の状況は?怪我の状態(具合)も気になる2018 (3)

 

まずは羽生結弦さんの昨年の怪我あたりから

現在までの状況はどのような感じだったのでしょうか。

 

 

気になって大まかですが追いかけてみました。



日付 内容
2017年11月9日 「公式練習中の怪我」
2017年11月10日 「主催者側より怪我の状態が発表」
2017年11月12日 「日本スケート連盟のコメント発表」
2017年12月10日 「羽生結弦さんが現状をコメント」
2017年12月13日・14日 「日本スケート連盟のコメント発表」
2017年12月18日 「全日本選手権を欠場発表」
2017年12月24日 「平昌オリンピック代表を発表」
2017年12月下旬 「氷に乗り始める」
2018年1月11日 「羽生結弦選手が平昌オリンピックへの想い語る」
2018年1月16日 「練習を再開」

 

 

ここからはそれぞれの詳細です。



2017年11月9日「公式練習中の怪我」

 

2017年11月9日。

 

 

羽生結弦選手がNHK杯(大阪市中央体育館)で

大会前日の9日の公式練習中に

右足を負傷されたという衝撃的なニュースが入りました。

 

 

この時のとても楽しみにしていた

母のショックな表情は今も忘れません。

 

 

そして、ファンの方々のショックも

計り知れないものがあったでしょう。

 

 

「無理はしないでほしいです」

「残念だけれども今後長い目でみてほしい」

「棄権した方が賢明です」

 

 

などのような多くの心配の声があがっていました。

この時の怪我の状態は不明でした。



羽生結弦選手はなぜ怪我をされたのでしょうか?

 

気になるのはなぜ怪我をされたのか?

 

 

それは午後の公式練習で4回転ルッツを

跳んだ際に転倒したことが原因。

 

 

4回転ルッツを入れいつでも今以上を目標に

新たな挑戦を続けるその姿勢には感動でした。

 

 

人生の手本とさせていただき、

心を動かされるものがありました。

 

 

しかし、今回はそれが少し

裏目に出てしまったのかもしれません。

 

 

右足をひきずり一度練習を中断して下がり、

再びリンクに戻り

軽い練習程度にとどめてリンクを後にされました。

 

 

とても表情は険しかったですね。

この怪我の状況はCBCなど海外のメディアでも

取り上げられるほどでした。

 

 

羽生結弦選手の注目度が凄まじいことを物語っています。



2017年11月10日「主催者側より怪我の状態が発表・NHK杯欠場」

 

2017年11月10日のお昼ごろに

羽生結弦さんの怪我の状態が発表されました。

 

 

「右足関節外側靱帯損傷」

 

 

というものと診断されたようです。

一般的に捻挫のようなものみたいです。

 

 

その後、医師の最終的な判断により

NHK杯は欠場することに。

全日本選手権へ向けて

治療に専念するとコメントがありました。

 

 

私個人的には全日本に無理に合わせようとはしないで

とにかく治療を優先して万全の状態で

戻ってきてほしいと強く思った記憶があります。



2017年11月12日「日本スケート連盟のコメント発表」

 

2017年11月12日。

日本スケート連盟の小林芳子強化部長から

羽生さんからのコメントが発表されました。

 

 

「10日間は絶対安静と医師から言われました。その後3、4週間で元に戻ると見ておりますが、あくまで予定でございます。何とか全日本までに間に合うように治療、リハビリに努力いたします」

同強化部長は「(元の状態まで)ケガをしてから4、5週間ということ」と説明した。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

こういった説明がされました。

羽生結弦選手はこの時、全日本までに

元のレベルに戻すよう頑張るという気持ちだったようです。

 

 

心配だったのですが

気持ちは既に全日本へ向いていたのですね。

本当に心が強い方だなと感じます。

 

 

ちなみにこの時のNHK杯の視聴率は

かなり下がってしまったと報道が印象的でもありました。



2017年12月10日「羽生結弦さんが現状をコメント」

 

この時は怪我から丁度一ヶ月ほど。

怪我の状態もまだまだ気になっていました。

 

 

カナダで調整中の羽生結弦さん。

その時に羽生結弦さんが現状を説明されていて、

8日時点のコメントで、

 

 

「だいぶ良くなりましたが、まだ痛みがあるため氷上練習はできていません。治療とリハビリを頑張っています」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

このように説明をされています。

まだまだ一ヶ月では痛みは消えていない状況で

この時期に氷上の練習はできていなかったんですね。

 

 

治療とリハビリに専念されるということで

依然として心配な状態でした。

 

 

私はこの時期、身体も心配でしたが

ファンとてい悪いかもしれませんが

少し全日本への出場を期待してもいました。



2017年12月13日、14日「日本スケート連盟のコメント発表」

 

2017年12月14日。

当初想定していた完治までの期間(3~4週間)より長引くと

日本スケート連盟から発表がありました。

 

 

通常の捻挫よりも長引く靭帯の損傷があったとのことです。

 

 

心配される怪我の状態は長引くということで

より一層心配で全日本よりも

とにかく治療に専念を!

と心で祈った次第でございます。

 

 

もちろんこの時期には

氷上練習も再開されていませんでしたし、

再会の目途もたっていません。

 

 

12月21日に開幕される全日本選手権の出場が

より厳しい状態になりました。

 

 

ご本人にとっても悔しい気持ちもあったでしょう。


スポンサーリンク

 

2017年12月18日「全日本選手権を欠場発表」

 

2017年12月18日午後に日本スケート連盟が

全日本選手権欠場を発表。

 

 

心の準備はできていたとはいえ

正式に欠場が発表されると

やはり残念な想いがないといえば

ウソになります。

 

 

実績から平昌オリンピック代表に選ばれる事は

確実とされていましたし

 

 

このとき心はすでに

平昌オリンピックへ向けての

応援へと切り替わっていた気がします。



2017年12月24日「平昌オリンピック代表を発表」

 

11月24日に日本スケート連盟が

平昌オリンピックの代表を発表。

 

 

  • ・宇野昌磨選手
  • ・田中刑事選手

 

そして、

羽生結弦選手が選ばれました。

 

 

過去の実績を重視していて

規定に沿った特別措置で選出。

 

 

この時の発表は素直に嬉しかったですね。

ある程度は予想してましたが

やはり正式発表は嬉しいもの。

 

 

まだまだ怪我の状態も

心配されていた時ですが

その中で私にとっても

新たな光となった気がします。

 

 

四大陸選手権の出場も期待でしたが、

こちらは出場されず。

 

 

やはり平昌オリンピックを大事にして

いただきたいので良い選択だったのではないでしょうか。

 

 

ただ、練習もままならない状態の中、

平昌オリンピックの本番へ向けて

コンディションなどが心配されてもいました。



2017年12月下旬「羽生結弦選手が氷に乗り始める」

 

2017年12月下旬ごろに

羽生結弦選手は練習は再開できていないものの

氷に乗り始めたとのことです。

 

 

ここでいう氷に乗るとは

靴をはき、感触を確かめたり

そういったことみたいですね。

 

 

このころに氷で感触を確かめ

徐々に練習再開へ向け

気持ちを作っておられたのでしょう。

 

 

そして2017年も終わりました。

 

 

 

2017年のフィギュアスケート界も

色々とありました。



2018年1月11日「羽生結弦選手が平昌オリンピックへの想い語る」

 

羽生結弦選手が「第52回 ビッグスポーツ賞」を受賞された時。

 

 

平昌五輪へ向けての気持ちをコメントされていました。

 

 

「平昌五輪に向け強い気持ちを持って日々過ごしています。これからも努力を重ね自身を超え続けたいと思います」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

やはりその気持ち現状維持でなく

限界への挑戦。

 

 

怪我をしても怪我前と

何も変わらないメンタル。

彼は強いですね本当に。

 

 

ただ、気持ちは大切ですが

無理だけはしないよう

冷静かつ情熱的とは

難しいかもしれませんが

バランス良く無茶なくスケートに

取り組んでほしいです。

 

 

私もあまり心配したくもないです><

心配されるほど弱い羽生結弦選手ではないと思いますが・・・

 

 

しかし、久しぶりのコメントに

非常に感激。

 

 

母も喜びにあふれておりました。

平昌オリンピックへ向けても

なんだかテンションあがりました!!



2018年1月16日「練習を再開」

 

カナダ・トロントででリハビリ中の羽生結弦選手。

ついに練習を再開したとの情報が!!

 

 

1月16日に小林芳子フィギュア強化部長が、

「1週間前から練習を再開していた」

と明かしました。

 

 

練習内容は不明なものの

ようやく平昌オリンピックへ向けて

羽生結弦選手が動き出したという

ワクワクでいっぱいでした!!

 

 

ここは素直に喜びです!!

 

 

そして、記事作成時点、

現在の状況はいったいどのようになっているのでしょうか?



羽生結弦さんの現在の状況は?

 

羽生結弦の現在の状況は?怪我の状態(具合)も気になる2018 (5)

 

羽生結弦さんの現在の状況について。

 

 

2018年2月2日。

 

 

羽生結弦選手が平昌オリンピックで

2月9日から始まる団体戦に出場しないことが判明。

現在は個人戦、2月16日のSP、17日フリーへ向けて

集中して練習されているようです。

 

 

その理由は怪我の箇所への負担を避けるためとのこと。

今月(2月)の中旬に現地に入るんだそです。

 

 

団体戦はなんだかいるのかどうかわからないですが

個人戦で元気な姿の羽生結弦選手が見られるのなら

とにかく嬉しいことこの上ないです。

 

 

怪我からおよそ4ヶ月ほどですが

本当に辛い時期を乗り越えて

楽しみでもあります。

 

 


 

追記:

2月11日。

 

ついに、韓国・仁川国際空港に到着されたとのこと。

大勢の方々が空港へ集まっていたようですね。

 

試合の場に来ることができた喜び、

そして、連覇への想いをコメントされていました。

 

 

「自分の気持ちにうそをつかないなら、2連覇したい。

ただ、それだけが目的ではないので、

試合というものをしっかり感じながら、自分の演技を出しながら、この五輪をしっかり感じたい」

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/デイリースポーツ

 

 

と、いったコメントをされていたようです;;

とても素晴らしいコメントですね。

 

 

連覇がどうではなく、

出場してくれるだけで今は嬉しいと感じます。

 

 

 

とうとう現地に到着されて本番へ向け、

調整に入るんですね。

 

とても胸が熱くなってまいりました。

身体だけは十分に気を付けて頑張ってほしいです。

 

公式練習もはじまり、

元気に練習する姿に感動しました。

 

 

いよいよ本番も間近。

 

 

私自身も今から緊張でドキドキとなっております。

 

 

追記:

 

2月16日の男子ショートプログラム(SP)!!

 

何度観ても良い!!

録画して一生の宝に!

 

 

圧巻の演技でした!!

今はただ喜びだけです!!♪

 

2月17日追記:

 

金メダル。

望んでいなかったといえば

ウソになります。

本当におめでとうございます。

 

 

 

ケガは少し我慢もされていたようですね。

そんな中すべっていたとは

見た目には全くわかりませんでした。

 

 

少しケガも心配ですが

今回の金メダル。

66年ぶり。

さらに通算1000個目のメダルだそうですね。

 

 

日本フィギュアスケートの歴史的瞬間を

生きてるうちに見られました。

 

 

母もとても喜んでいて

ケガの時からすると

本当に笑顔で元気になり、

いきいきとしています。

 

 

きっと今後の生活にも

良い影響を与えてくれることでしょう。

 

 

たくさんの元気を届けてくださり

ありがとうございます。

 

 

 

これからも親子ともども

応援しております。

 

 

追記終


 

 

もうひとつ気になるのは

現在の怪我の状態ですね。

どういった状況なのでしょうか。

 

 

以上、羽生結弦さんの現在の状況についてでした。



羽生結弦さんの怪我の状態(具合)は?

 

羽生結弦の現在の状況は?怪我の状態(具合)も気になる2018 (4)

 

羽生結弦さんの怪我の状態(具合)について。

 

 

怪我の方が心配されます。

 

 

現在の怪我の状態はどうなのか。

結論からいいますと、

やはり足首の負担を避けての個人戦への集中。

 

 

怪我の状態はまだ完璧ではないということでしょうかね。

 

 

順調に回復、快方には向かっているようですが

無理はしないでほしいです。

 

 

そして2月5日には、コーチのブライアン・オーサーさんが

怪我の原因となった4回転ルッツは避けるというコメントをされています。

 

 

今回は仕方ないですし、また怪我も心配なので、

賢明な判断だと思います。

 

 

状態は非常に良いそうで日々の練習もすばらしいものだそうです。

 

 

金も狙えるという発言も飛び出すほどですから

怪我の状態は本当に随分と回復されていて

悪くはないようですね♪

 

 

怪我の状態が心配でしたが

個人戦へ向けて難なく練習も順調そうで

ひとまずホッといたしました。

 

 

以上、羽生結弦さんの怪我の状態(具合)についてでした。



羽生結弦の現在の状況は?怪我の状態(具合)や練習も気になる2018調査まとめ

 

今回は羽生結弦さんについて。

 

 

現在の状況やこれまで、

また怪我の状態(具合)などについて調べてみました。

 

 

平昌五輪で1952年のディック・バトン以来、

66年ぶりの大会連覇を目指す羽生選手。

 

 

平昌五輪では4回転ルッツという挑戦が

少し厳しい状態になったのは

羽生結弦選手にとっても辛い心境であると思います。

 

 

ただ、今は去年の事を考えると

練習も再開されていて、

平昌オリンピックへ出場できる

という点だけでも非常に嬉しい状況です。

 

 

羽生結弦選手が生活の力となる方も

沢山いらっしゃると思います。

 

 

私や母もそのひとり。

平昌で元気で笑顔な姿さえ見られれば

もう結果なんてどうでもよいかもしれません。

今後も応援しております。

 

 

ではまた♪

 

 

記事は執筆時点の情報でして、最新とは異なる場合ございます。

予めご了承ください。

不定期更新。


ナビペンギンナビペンギン

最後までご覧いただきありがとうございました♪


スポンサーリンク